LINE UP

Bormioli Rocco

1825年、ファッションの街、ミラノから南東に100km。
あの偉大なチーズ、パルミジャーノ·レジャーノやプロシュート(生ハム)で有名なパルマから北西に20kmの地、フィデンサに、フランスのフランドル地方から来た、熟練されたガラス職人によって、小さな工房が創られました。
それが、ボルミオリ・ロッコの始まりです。
プロシュートやパルミジャーノのように、素材も作り方も勿論、味も素晴らしいものを勿体ぶることなく、気軽に楽しむところにイタリア人の豊かさがあります。
ボルミオリ・ロッコ社が作っているグラスも、オペレーション化した現在も熟練した職人の技術を忠実に守りながら、より良い素材を探究し、ファッションを意識しながら作られています。
ボルミオリ·ロッコの願いは、素晴らしい製品を作り、それがたくさんの人々な生活シーンの中で、実際に使われることにあります。
現在、11か所のガラス工場、3か所の加飾アトリエ10店舗のアウトレットを擁するにいたりましたが、それは、今も変わらない願いです。
ボルミオリ·ロッコは、創業の精神を忘れることなく、イタリアンファッションやイタリア料理のように世界中で、愛される素晴らしい製品を作り続けていきたいと考えています。

絞り込み検索

COORDINATE

料理の美味しさと美しさを際立たせる器の選び方や盛り付けを
さまざまなテーブルコーディネートを通じてご紹介します。

コーディネートをもっと見る